トップページ > 活動報告 > 多文化共生 > 「親子のための防災講座」多文化グローバル子育て教室2017

「親子のための防災講座」多文化グローバル子育て教室2017

「親子(おやこ)のための防災講座(ぼうさいこうざ)」
多文化(たぶんか)グローバル子育(こそだ)て教室(きょうしつ)2017.08.26

ブラジル人(じん)親子(おやこ)2組(ふたくみ)と
日本人(にほんじん)親子(おやこ)8組(はちくみ)が参加(さんか)しました。
「子(こ)どもの健康(けんこう)と環境(かんきょう)を考(かんが)える会(かい)」の
皆(みな)さんを講師(こうし)に招(まね)き、
日本語(にほんご)とポルトガル語(ご)で防災(ぼうさい)絵本(えほん)を読(よ)み聞(き)かせたり、
親子(おやこ)でダンゴ虫(むし)のポーズをやってみたり、
避難所(ひなんじょ)の一人分(ひとりぶん)の広(ひろ)さを確認(かくにん)したりしました。

避難所(ひなんじょ)のトイレの映像(えいぞう)には、
その汚(きたな)さに思(おも)わず目(め)を背(そむ)けたくなりました。

心(こころ)を癒(いや)すタッチケアもお互(たが)いにやってみて、
子(こ)どもだけでなく大人(おとな)も気持(きも)ちが落(お)ち着(つ)く体験(たいけん)をしました。

そして、いつ被災(ひさい)しても困(こま)らないように、
普段(ふだん)持(も)ち歩(ある)くバッグや車(くるま)の中(なか)に、
何(なに)をいれておくか、みんなで考(かんが)えました。

講師の「子どもの健康と環境を考える会」のみなさん

講師の「子どもの健康と環境を考える会」のみなさん

親子でダンゴ虫のポーズ

親子でダンゴ虫のポーズ

 
心を癒すタッチケア

心を癒すタッチケア

グループで自己紹介

グループで自己紹介

 

こちらのグループも自己紹介

こちらのグループも自己紹介

防災絵本の読み聞かせ、ポルトガル語で通訳してもらいました

防災絵本の読み聞かせ、ポルトガル語で通訳してもらいました

 

1才だってちゃんとできる!ダンゴ虫のポーズ

1才だってちゃんとできるよ!お母さんとダンゴ虫のポーズ

小さい子がいる家はいつ避難する?

小さい子がいる家はいつ避難する?

 

熊本地震の被害や避難所の様子

熊本地震の被害や避難所の様子をみんなで見ました

覚えておきたい簡易トイレの作り方

覚えておきたい簡易トイレの作り方

 

原発が近いから、知っておきたいことば

原発が近いから、知っておきたいことば

食料や水の備蓄も大事!

食料や水の備蓄も大事!

 

2017-09-05

活動記録について

バックナンバー