トップページ > 活動報告 > 日本語教室と関連事業 > ワークピア日本語教室で防災について学びました

ワークピア日本語教室で防災について学びました

9月23日(日)ワークピア教室で、磐田消防署の救急救命士を講師としてお招きし、防災講座を開催しました。

フィリピン、中国、インドネシア出身の学習者と日本人スタッフが参加。

人が倒れている時の人命救助の手順を学び、実際にトライ!

 

 

 

 

 

 

 

119番通報や心臓マッサージ、AEDの使い方を交代でやってみました。

「どうしましたか?」「すみません、救急車をよんでください!」

いざという時に使えるよう、真剣に日本語で練習しました。

 

この日は、ヤマハ発動機のフィリピン研修生が帰国前の最後の教室でしたので、思い出に浴衣を着てパチリ。

その後、みんなで記念撮影をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012-11-06

活動記録について

バックナンバー